“キャッシングは注意してお金を借りなければ借金地獄に陥ってしまう可能性もあり、バブル崩壊後の日本は長引く不景気であったこともあって借金を返済できなくなってしまう人が多く問題となりました。
そのために2006年に貸金業法が法改正され、その準備期間がしばらく続きましたが、2010年の6月に完全施行されて現在では総量規制という規制があります。
この総量規制では年収の三分の一を超える金額の融資は出来ないようになっているので、例えば年収が300万円の人は100万円までの借り入れしか出来ないです。
また、他社で借りれば問題ないのではないかと考える人もいますが、総量規制は他社での借入も併せての規制である上に、他社での借入については信用情報として共有されているのですぐに分かるようになっています。
その他には50万円を超える借り入れか、他社での借入と合わせて100万円を超える借り入れに関しては、収入証明書の提出が義務付けられています。”